お葬式の通夜と告別式の違い

お通夜と告別式の違いを第三者に対し、正しく簡潔に説明できるでしょうか。お葬式の前夜がお通夜で、その後最後に霊柩車を見送るのが告別式との説明では、全くの間違いとは言えずとも、正しい解釈かと問われれば、理解が不十分と言わざるを得ません。大切なポイントとして、各々にどのような意味があるのか、何の目的で執り行われるのか、そして求められるマナーを踏まえておく準備などがあげられます。

まずは葬儀という言葉の意味ですが、これは通夜から告別式へと続く、一連の故人とのお別れの儀式全体を指しています。初日が通夜、2日目に告別式の流れが基本で、期間は通常2日間ですが、諸事情からさらに日数が長くなるケースも見られます。

かつては通夜は家族、親族、友人が夜通し故人の枕元の線香を絶やさずに故人を偲び、一般の参列者は翌日の告別式に足を運ぶスタイルが一般的でした。ですが葬儀会場が故人の自宅から葬儀会場へと移行が進み、世の中のライフスタイルの変化などから、当初通夜の時間だった、葬儀初日の夜に僧侶の読経を始め、勤務先関係の参列者が同席するスタイルも珍しくありません。スケジュールの都合上、仕事関係の弔問者が通夜だけに顔を出す、一方で遠方の親族が告別式に何とか駆けつけるなど、いずれも数多くの葬儀で目にする光景となっています。

次に2日目の告別式ですが、こちらはその文字の通り、別れを告げる式であり、故人の友人、知人、仕事関係の方々が、故人を偲ぶ儀式です。元来は葬儀式と告別式という別々の儀式があり、前者は家族親族が故人を見送る宗教的な儀式でしたが、最近では区別がなく、告別式としてひとまとめで執り行われるのが一般的です。このように各々に要する時間も短縮され、先述の夜通し線香を絶やさぬよう、葬儀会場に泊まり込む家族も減少しているなど、お葬式に際しての個人の家族の負担は、総じて軽減される傾向が見られます。葬儀業者のスタッフも、故人の家族の意向を優先から、葬儀の流れのプランの提案とサポートを届けてくれ、旧来の形式にとらわれない流れで執り行える環境が整っています。