お葬式に関する押さえておきたいポイント

亡くなったことが確認されれば、家族はお葬式の段取りを悲しみの中で進めなければなりません。ここで注意すべきポイントとして、その時点からの時系列に沿って、何をなすべきかを冷静に把握する姿勢があげられます。中にはいきなり告別式へと意識が飛んでしまう方もいらっしゃるようですが、まずは通夜の準備という作業を、迅速かつ冷静に進めます。

通夜と告別式の会場が決定次第、知らせるべき方々への連絡をはじめます。この時点で受付、会計、案内などの手伝いをお願いできそうな人も、ピックアップから打診しておきましょう。ちなみに斎場、葬儀場に於ける植え付けや、花裁断などの設営に関しては、葬儀業者に任せておいて大丈夫です。その他必要に応じ、葬儀業者の担当者から随時確認が入りますので、家族はその都度回答あるいは指示を出してください。あくまでも業者は専門的な知識や体力が必要な作業を、家族に代わって行う、あるいはサポートする立ち位置です。

ちなみに重要な伝達確認事項として、通夜の席次と焼香の順番、会葬返礼品が必要な数だけ準備されているか、僧侶への挨拶やお布施を渡すタイミングなどがあげられます。家族で判断がつかない、対応に戸惑う場面もあるかと思われますが、臆せず葬儀業者の担当者と相談をして、ひとつずつクリアして行けば大丈夫です。

また翌日の告別式に関しても、式が始まる前までに、疑問点や再確認点をチェックした上で臨みます。火葬場まで行く人数の確認や伝達も、バスやタクシーの準備上、事前に余裕を持って正確に伝えておかねばなりません。また精進落としと称される、火葬後の料理の手配に漏れやミスがないよう、こちらも人数を正確に把握からの伝達が大切です。

告別式に際しては、弔辞の順番、席次と焼香の順番、喪主の挨拶のタイミングなどの打ち合わせなどが重要です。通夜よりも大勢の参列者が一堂に会するため、時間内にスムーズに進行させる上でも、葬儀業者の担当者と十分な意思疎通を交わし、お葬式に関する疑問点や不安点を多く抱えたままのスタートとしない準備が大切です。