正しい知識を備えて初めてお葬式で喪主を務める不安を解消

年齢を重ねるに連れ、参列する機会も増え、それなりの経験値が見についてゆくお葬式ですが、いざ自分達が遺族側となる、自らが喪主を務めるとなれば、置かれる状況は大きく異なります。大切な家族が急逝してしまった悲しみと動揺の中、時間は待ってはくれず、迅速かつ正しい対応が求められます。普段から自分達がお葬式の当事者となった場合を、継続的に意識する必要こそありませんが、現実としていつかは必ず訪れるその日に備え、関連する必要な基礎知識を備え、しかるべき準備を整えておくに越したことはありません。

たとえば成人に達せられた方々であれば、礼服兼用で喪服としても活用可能な正装一式を、準備されていることでしょう。何年間も袖を通さぬ時期が続いたかと思えば、立て続けに着用せざるを得ないなど、その頻度は想定し切れません。今日たとえば100均ショップなどでも黒いネクタイや香典用の封筒が販売されている通り、予期せぬタイミングでご不幸の知らせが届き、大急ぎで身支度を調えて駆け着けなければならないケースが少なくない証拠です。当事者になった際、身だしなみや作法などの関連知識が不足していれば、初動が遅れてしまい慌てて失敗に繋がってしまうリスクが高まります。

対してたとえばご高齢のご家族が入院中など、万一の時、お葬式がいつ訪れるのか、家族としての覚悟が求められる状況であれば、時間的金銭的双方に余裕を持った備えが求められます。危篤の一報が医療機関から突然届いた場合、ご自宅で体調が急変から急逝されてしまう場合など、感情的には考えたくない展開を、冷静に見据えておく姿勢が大切です。実際に通夜から葬儀への流れのサポートをお願いする葬儀業者の候補先のピックアップや、どのようなスタイルのお葬式にするのかなど、事前に踏まえておくべきポイントは少なくありません。

ここでは以下、多くの人が正しく理解していない関連知識や、日常から万一に備えて視野に入れておくべきポイントに着目して、確認作業を進めていきましょう。普段何気なく知らせを受けて参列している、通夜と告別式が持つそれぞれの意味合いと違い、ぜひ早い段階から家族全員で共有しておいていただきたい関連知識などを紹介します。大切なご家族を失った心身の状態の中、遺族として毅然と振る舞うのは大変だからこそ、お葬式のプロフェッショナルの葬儀専門業者のサポートが見過ごせません。全幅お信頼を寄せられる業者選択に際し、ご活用いただける基礎知識をぜひ、この機会にご身に付けましょう。

新着情報

2018年11月16日
ホームページを更新しました。